高村歯科医院|インプラント治療・矯正治療

矯正治療について

矯正歯科とは、一般的にワイヤー(針金)や矯正床装置(義歯状形態の装置)を用い、ある一定期間動的な負荷を加えて、現在の歯列や不正な歯並びを機能的及び審美的に改善する治療法をいいます。

我々日本人、いわゆるモンゴロイド(東洋人系)は、アメリカ人、いわゆるコーカソイド(白人系の人種)よりも頭の前後的幅が狭くできていて、歯列の前後的幅も短く作られているので、らんぐい歯や上顎前突(出っ歯)になりやすい人種として考えられています。

それにも関わらず、子供の時から矯正治療をすると言った社会的習慣も定着していません。
そのために見た目の悪さのみならず、歯周病や虫歯にかかるリスクが非常に高く、若い時に歯を失う可能性が高いのです。海外から訪れる旅行客や、ビジネスマン、また歯科医療関係者から、日本の中枢である東京で今時のファッションに身を包んだ若い女性の口元の醜さにびっくりしたと言う話をよく耳にします。

これからの日本の子供達も先進国に見習い、歯並びを意識し、改善する必要があると思います。
また大人達も「今さら・・・」と諦めず、現在矯正治療には、年齢制限はありません。
装置を装着する抵抗はあるものの、もう1度ご自分の口元に興味をもたれてみてはいかがでしょうか。

矯正治療について気になることがございましたら、お気軽に港区の高村歯科医院までご相談ください。
治療期間、治療方法、費用について、何でも構いません。
下記の無料メール相談でもお答えしております。
お急ぎの方はお電話でも大丈夫です。
高村歯科医院電話番号高村歯科医院相談メール

Return Top