高村歯科医院|インプラント治療・矯正治療

No.13健康的に生きて行く為の総まとめ

🌈健康的に生きて行く為の総まとめ🌈

👉重要👉  

予防とは!!早期発見した病気を小さなうちに治す事ではありません!

そもそも病気にならない為のケアや指導する事が大切な事を忘れてはいませんか?

(患者さんからご質問メールを頂きそれにお答えした内容を元に)

牛乳なんかも骨粗鬆症や骨折が増えるのも今や常識中の常識ですし、牛さんがホルモン剤漬け、ワクチン漬けになっているために子宮ガン、乳癌、前立腺癌などの性関連の癌を発生させやすくすることも分かってきております。

スウェーデンなどでは牛乳飲むと死亡率高まると言った医学論文も出ております。

諸外国では絶対に使われない食品添加物が当たり前のように約1500種類といったとんでもない数字で認可されて存在するのが残念ながら我が国日本なのです。

食添加物なんてのはいわゆる石油製品です!身体にいいわけありません、これらが外食の物にほとんど使われているうま味調味料の●●素です。(グルタミン酸ナトリウム)

●●素は興奮性毒物です、あとダイエット飲料など例えばローカロリーのドリンクやダイエット砂糖のアスパラテームやスクラロースなども同じようなもので、直接脳に作用することを考えでも覚醒剤と同じ作用と考えてよいと言われております。

つい最近も許可になったトクホの某有名清涼飲料水にもこれが入っております。

トクホの信頼性なんてあったもんじゃ無いのはご存知の事とは思いますが

まぁこれらはお国の許認可ビジネスである事は言わずと知れた事なのはご存知の事とは思いますが

以上のようなうま味調味料は犬などに食べさせると7匹中一匹は確実に死亡して残りは大てんかん発作起こすと言われております。

かつては野犬狩りに使用していたことも調べりゃ直ぐ出てくる事実ですね?

あと日本で使われているお薬などは絶対海外では使われなくなった薬が飛ぶように売れます!

インフルエンザの際のルなどはもはや日本が世界のゴミ捨て場と言われて居る様ですね?

しかもインフルエンザには効きません!

インフルエンザの予防接種も全く効果ゼロと言われております。

これは最近某大学医学部の研究チームも発表済みですね!

ましてよく言われている「打ってたから、これでも軽く済んだんですよー!」ももはや嘘っぱちと言えましょう。

とにかく日本の常識は世界の非常識です! 歴史を紐解いて行くと牛乳にしてもマーガリンや小麦粉、食品添加物にせよアメリカの輸入の問題ので第二次世界大戦後にマインドコントロールされてきたものばかりです。

まぁ健康的な生活送るためにと言っても中々難しい時代となってきております。

今回書かさせていただいたもの等は脂溶性毒物にカテゴライズされているもの等でいわゆる水溶性毒物(例えば毒蛇の毒など)と違い直ちに死に至らしめる作用では有りません。
直ちに影響は無いってやつです!

人体の脂肪層(特に脳、細胞膜、皮下脂肪層など)に蓄積されて将来的におかしくなったり、病気の元となるものです。

実際そんなものだらけに囲まれて生活し食生活を送った行かなきゃならないわけです。

これらを完全には避けきれないのが事実なのでが、毎日外食に頼らず、コンビニのお弁当や惣菜など偏った食生活にならないように気をつけて行く必要があります。

無関心で生活し続ける事が1番まずいです!

まずはいちばん簡単にできること!ご自身の免疫力を高めてそれらに抵抗する肉体をつくることです。

暖かいお風呂に浸かる、運動して汗をかいて代謝を高める、運動により筋肉量を増やす、これは体温高めます。同じく白湯を飲む事も効果的です、体温を高める事になります。先住民たちには癌も膠原病も精神病も有りませんでした、もちろん虫歯も歯周病もです。

現代人の平均体温は約36度台、先住民たちは約37度台後半でした。ヒトの死亡する原因はほとんどの外傷や感染症、婦人科系の問題の死産位でした。

現代ではなぜ癌が二人に一人と言うような当たり前の病気になってしまっているなか?

痴呆症がこんなに増えたのは?

アトピー性皮膚炎や自閉症の子供たちがこんなに多いのかを考える必要があるのです。

まとめますと出来る限りオーガニックや加工食品は避けて自然な物を食べる様に心掛ける。

不要なサプリやお薬には頼らないこと!死亡率や有病者率を低下させていない検診や人間ドックに行かない事。

栄養補給と言って野菜ジュースなど嘘の物には手をつけない。

強い精神と肉体を作ること!これが一番です!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 takamura dentaloffice
URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top