高村歯科医院|インプラント治療・矯正治療

ALL-ON-4(オールオンフォー)

オールオンフォー(All on Four)とは、名前の通り4本のインプラントですべての歯を作ってしまう治療法です。
通常、前歯の部分に上顎4本、下顎4本の合計8本のインプラント体(フィクスチャー)を埋め込みます。
その4本のインプラントで12本分の歯を作ります。 しかも、オペの当日に歯が入ります。 噛み合わせなどを見ながら慎重に治療を行います。
具体的なイメージは下記写真の通りです。
高村歯科医院オールオンフォー

■メリット1
オールオンフォーは、前歯の部分にインプラントを埋め込みますが、前歯の部分は骨がしっかりあるので、ほとんどの場合、インプラントができます。オールオンフォー以外のインプラントの場合は、奥歯にもインプラントを埋め込みますが、奥歯の部分は上顎洞とか、大きな神経があり、そこに埋め込むためにはサイナスリフト(上顎洞挙上術)とか神経移動術をしなくてはなりません。オールオンフォーは、上顎洞や大きな神経をよけて埋め込むため、その必要がまったくありません。

■メリット2
サイナスリフト(上顎洞挙上術)や神経移動術をしなくていいため、手術時に患者様への身体的負担がものすごく減ります。

■メリット3
手術の当日に固定式の歯が入ります。そのため、通常のインプラントのように歯が入るまで数ヶ月待つ必要がありません。サイナスリフト(上顎洞挙上術)をした場合、治療期間は1年近くかかり、また費用もかかります。治療回数や治療期間が極端に短いのが特徴です。

■メリット4
下顎で4本、上顎で4本(場合によっては5~6本)のインプラントで済むので、経済的です。
オールオンフォーでなければ、通常上顎、下顎共8本程度のインプラントが必要になりインプラントの本数が多い分、費用もかかります。

■メリット5
オールオンフォーでは、被せもの(上部構造)の設計上の自由度が大きいため、審美的にもきれいな歯が入ります。

 

Return Top