高村歯科医院|インプラント治療・矯正治療

高村歯科医院でインプラント治療をお考えの方へ

高村歯科医院では治療を行う患者さんの不安要素を解消するため最大限の配慮を行なっております。
痛いのではないか?怖い?腫れない?たくさん血が出るの?と心配な方も多いかもしれません。

もちろん経験豊富な歯科医師が治療を行えば、出血も最小限で腫れにくいということはお分かりになりますでしょうか?治療を行う術者がその治療法に慣れていなければ切開の範囲も大きくなります。
切開の範囲が小さいということは、腫れる可能性が少なくなり、それだけ技術が必要になりますし、豊富な治療経験が必要となります。どうしてもそのような術式しか選択できない難しい症例の場合は、
切開の範囲が広くなり、腫れる可能性が高まりますが、歯科医師も患者さんをわざわざ痛くしたくて治療を行なっている訳ではありません。それでも最小限に痛みを抑えるべく努力して治療に臨んでいます。

上記のようなことはホームページだけでは判断できないと思いますので、しっかりと先生と面談するようにご自身の目で足を運んで質問して確認することが大事です。
術後にメンテナンスで通うことも考えたら、安心して相談できる歯科医師や歯科衛生士などのスタッフと出会うことがポイントになってきますので、一度、高村歯科医院までお越しになってみて、不安な事を何でもお話してみてください。

■痛みについて

手術時は痛みの専門家「麻酔科医」により「静脈内鎮静法(点滴)」を行います。
麻酔科医も様々で、学会認定医など多くの先生がいらっしゃいますが、当インプラントセンターの静脈内鎮静を担当する麻酔科医は歯学博士でもあり、日本歯科麻酔学会認定医のエキスパートである山嵜博義先生が担当します。
歯科治療と麻酔の両方を熟知している先生ですので患者さんの負担もきっと軽減されると思います。
その後お口の中には局所麻酔も行いますので、痛みを感じることなく、眠った状態での治療は終わります。
また、それぞれの麻酔自体もほぼ無痛でできますので、ご安心ください。

■血圧が高めの方へ

手術中は専門の麻酔医が常時、血圧、脈拍、脈波、血中酸素濃度を生体モニターで皆様の状態を把握し管理いたします。血圧が高めの方は点滴のラインから降圧剤や緊急薬剤等を入れるも出来、安定した状態での治療が行えます。万が一の緊急処置にも対応が出来るのも麻酔医の存在が大きいと言えるでしょう。
精神的、肉体的に不安のある方は一度ご相談ください。

■手術後の痛みは?

勿論まったく痛みがないと言ったらウソになりますが、点滴の中には「痛みどめのお薬」「腫れどめ」「化膿止め」等のお薬を入れての処置となりますので、術後の痛みを出来る限り少なく出来るよう努めております。
帰宅後内服出来るお薬もお渡しいたします。
手術による痛みに関しては、上記でも触れましたが、最小限の切開範囲での治療を常に考えてますので、可能な限り腫れない様に低侵襲治療に努めております。

■手術後、日常生活に差し支えは?

手術当日はできるだけアルコールと激しい運動は控えてください。
ただ、安静にして寝る必要もないですし、本数が少ない場合などは、ほとんど生活に影響はありません。

Return Top