高村歯科医院|インプラント治療・矯正治療

インプラント治療は「噛む」という人間本来の機能を取り戻す治療法

港区高村歯科医院のインプラント治療は「基本に忠実な治療=正則治療」がコンセプトです。
決して無理をしない、患者さんその方に適した治療を選択することが重要で、治療を施す術者の経験が少なければ、今まで得た治療選択肢の中からの治療しか患者さんに行うことができません。
すなわち、その技量の中で「選択」もしくは「当てはめ」ということになります。
高村歯科医院では、なぜその治療が必要なのか?という診療説明にはとても時間をかけています。
私、高村剛自身もしっかりと患者さんの事をご理解することを「治療において大事な事」と位置付けしているからです。日本全国遠方からも、いろいろな方からお電話やメールでの治療に関するご相談をいただきますが、患者さんがインプラント治療を行う歯科選びにとても苦労されているのだと思うことがよくあります。
下記には歯科選びやインプラント治療の
ポイントについての説明を解説します。

インプラント治療で重要なこと

インプラント治療を行う上で最初に患者さんが最重視しなければならないのは「最初の歯科選び」「ある程度のインプラントの知識」です。
最近はインターネットの発達もあり、患者さんご自身に合わない余計な情報まで拾ってしまう方も多くいらっしゃいます。ある程度の知識とは、ご自身の口腔内にどのような治療が必要なのか?と言うことです。
基本、治療に何を選択するかは担当する歯科医師が選択します。
1本欠損で簡単な治療の方が、難しいインプラント治療例をネットで見て、「痛い」とか「大変そうだ」と思い込んでしまったと言うこともあります。
またその逆もあり、複数本
インプラントの埋入と骨造成が必要なの難しい症例の方が、「ネットで見たんですけどこの治療法で出来ますか?」と簡単な症状の方への治療法をお願いして来たこともあります。
例えるならば、末期の癌患者さんが切開しないで手術を医師に希望するようなものです。
治療法は治療を行う歯科医師が決めるものであり、ご希望されていてもその方には物理的に適合しないということもありますので、情報だけにとらわれず、分からないことや疑問は直接担当する先生に聞くのが一番です。
下記には基本的なインプラント治療の事を書いています。
一度頭の中をリセットし、自分に合った
正しい治療知識を得て、治療計画をたててください。

インプラント治療についての基本解説

インプラントとは、歯の失われた場所のアゴの骨の中に純チタン製の人工歯根を植え立て、それを基盤に人工歯冠を作る歯の再建方法です。
簡単なインプラント手術は、一般の歯科医院でも問題はありませんが、多数の埋入手術や難易度の高い手術になると、手術室や手術設備の完備された歯科医院及び専門の教育を受けた 歯科医師でないと無理です。一般的に、アゴの骨の中には神経や血管、骨空洞等が存在し、的確な治療を行わないとトラブルの原因となります。
インプラントの治療期間は概ね3ヶ月か~6ヶ月前後が目安となります。
アゴの骨の状態や残っている歯の状態により、それらを整える手術や処置が必要となる場合があり、治療期間が多少変わる場合があります。

インプラント治療をご希望の方へ

高村歯科医院は国際基準を標準化した高度歯科医療施設です。
インプラント治療、審美歯科治療、歯科矯正治療(保険診療は除く)に対してご予約から治療完了までの診療システム、治療器具や材料・薬品の管理、治療完了後のケア、各種の問題発生予防処置等の手順を国際基準に合わせ、「ISO9001」を取得した国際基準の歯科診療施設です。

東京都内においても数少ないシロナ製(シーメンス)のCTスキャンニングやマイクロスコープ、生体モニター、手術用無影灯などの専用医療の設備が整った、設備、実績共に安心してインプラント治療を受けられるクリニックです。
高度難症例や他院にて治療困難と診断されたケースにも基本的にお断りすることなく対応することが可能です。
インプラント治療でお困りの方やセカンドオピニオン相談の必要な方は当院にお気軽にご相談ください。

Return Top