高村歯科医院|インプラント治療・矯正治療

海外でインプラント治療を受けた方へ

海外でインプラント治療を受け、日本帰国後に治療やメンテナンスを継続できる歯科医院をインターネットで探されている患者さんも数多くいらっしゃると思います。
日本に戻ってインプラントのメンテナンスなどの治療で受け入れてくれる歯科医院を探すのに苦労されている方も実際のところ多いのではないでしょうか?

もちろん日本の歯科医院でも、世界的シェアのメーカー製品は流通しているので、同じメーカー製品を扱う歯科医院を探すのがベストなのですが、その歯科医院が治療を受け入れてくれるかくれないかというのは医院の治療方針や、先生自身が扱ったことのないメーカー製品の場合はお断りされるというケースも少なくありません。

当院では、海外のインプラントメーカー製品でも継続治療を行うことが可能です。

海外の歯科医院で使用されているインプラントメーカー製品は種類も様々ですが、ほとんどの製品が2ピースタイプのインプラントと呼ばれるもので、骨に埋まっているフィクスチャーと、被せ物の台になる部分のアバットメントと2部構造になっています。

インプラントの構造は、フィクスチャーは骨に対してもスクリュー状のネジになっていて、アバットメントはフィクスチャーに対してネジでドッキングする構造になっています。

このスクリューは、『国際規格』で主に使用される径のサイズは9種類になっています。
ノーベルバイオケア、ストローマン、3i、アストラテック、オステム、等
特殊なものを除いて殆どがこの国際規格の9種類です。
オステムなどの韓国製品は規格が同じに作られています。
この国際規格9種類内のものは全て高村歯科医院で対応できます。

もちろん治療の経験が豊富だけでなく、各メーカー製品に精通していなければ患者さんの口腔内に埋入されているインプラントのメーカー判別ができないのでそのような歯科医院を探さなければいけません。

「港区神谷町駅前 高村歯科医院」では、海外で治療を受けた方の継続治療やメンテナンスのご相談も随時受け付けております。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 takamura dentaloffice
Return Top