高村歯科医院|インプラント治療・矯正治療

No.2不定愁訴の様々な症状

神谷町駅前の歯医者さん【高村歯科医院】は「口腔内だけでなく患者さんの生活習慣と全身を診る歯科医院」です。

不定愁訴とは一般的に「原因がわからない症状」や「医学的根拠と結びつかない症状」の事を言います。
患者さんがほんの些細な事をきっかけに、歯科医師の医学的見解から見て何とも無いのに症状を訴えられる方が多く当院にはお越しになられます。

では、インプラント治療での不定愁訴を挙げてみましょう。

  • 灼熱感(舌(ベロ)がインプラントや被せ物に触れると熱く感じる)
  • 歯茎が引っ張られる感じがする
  • インプラント治療後から唾液が出なくなった
  • 頭痛や目眩がするようになった
  • 首や背中が痛い

インプラント治療以外でも

  • 頭痛
  • 目眩
  • 睡眠障害(不眠症)
  • 耳鳴り
  • パニック障害
  • うつ

などなど・・・・不定愁訴にも様々な症状があります。
患者さんがインターネットで調べているうちに不安になって、自然とそのような症状だと思い込んでしまう方もいらっしゃいました。
一般的な歯科治療やインプラント治療を行なったからこのような症状が出た訳では無いと言えるケースがほとんどです。

多くの不定愁訴の患者さんにヒアリングすると、

「薬の過剰摂取」
「コンビニ的な食生活」
「糖質異常」
「化学調味料大好き」
「向精神薬服用中」
「更年期障害」
「自炊しない」
「日光浴不足」
「中高年インターネット依存症」
など、必ず上記の2つは最低でも当てはまります。

良い治療を行うには口腔内を治療するだけでなく、その根本を改善しなければ完治は無いと考えています。

高村歯科医院は「口腔内だけでなく患者さんの生活習慣と全身を診る歯科医院」です。

口というのは身体の上部にある身体の中でも大事な部分です。
川に例えて言うならば、「口は身体の上流」です。
全ての栄養は必ず口から摂取します。
薬や食物など口から摂取したものは血液を通じて全身を巡ります。

最近では糖質の過剰摂取や化学調味料などが多く使われた食品の摂取から、身体や精神に及ぼす影響などが注目されるようになってきました。
まず初めは、食生活の改善や薬をやめる事など出来ることからやっていければ良いと思います。
高村歯科医院は、ただ単に歯科的なアプローチだけではなく、内科的問題、薬学問題、日常の食生活改善の指導も行なって「身体全体を見渡した治療」を行なっております。

何から初めたら良いのか迷っている。
他で良くならなかった。

探し続けるのに時間を費やし続け、数ヶ月経っても探し続けたまま通院治療を開始出来ない患者さんも今まで多く見てきています。そのような方は悩まずにすぐご相談ください。

高村歯科医院相談メール

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 takamura dentaloffice
Return Top