高村歯科医院|インプラント治療・矯正治療

No.10有効的なボトックス治療とインプラント治療

有効的なボトックス治療とインプラント治療

神谷町の高村歯科医院では咬筋ボツリヌス治療(ボトックス治療)を行なっています。

咬筋ボツリヌス治療は、ストレスなどの様々な原因からくる歯ぎしり(ブラキシズム)や食いしばりなどに有効な治療法として当院も導入しております。


頬のラインがスッキリするなどの美容効果があることから美容外科などで用いられている治療法ですが、歯科でも様々な応用治療ができ、歯科業界の多くの学会でも様々な有効性が確認できている安全な治療法と言えます。

特にインプラント治療後の噛み合わせなどで良い結果が得られない場合など、ボトックス治療で改善されるというケースが多くあります。

下記に、良くある症状の一部を挙げて見ます。

  • インプラントの被せ物(上部構造)が良く欠ける
  • 強く噛むと痛み(鈍痛)が起こる
  • 奥歯が破折した、もしくは過去に破折したことがある
  • 噛むと顎がよく痛くなる後はもちろん食いしばりと歯ぎしりですね。

この様な症状は、放っておくと歯だけで無く、歯茎や顎への負担も大きくなり、不快な痛みや頭痛なども発生しますので、日常生活、特に食生活に様々な支障をきたす場合があります。

この様な場合には、「強く噛めることが出来ている」ということが原因の場合もあり、他院でなかなか噛み合わせなどの症状が改善されないという患者さんがよく当院にご相談に来られます。

噛み合わせの治療には1回で終わることが無く、多くの時間と根気が必要となります。
ですが、このボトックス治療は早期に症状の改善をすることが出来、平行して噛み合わせ治療を行うことで、本来の正しい咬合に近づけることが出来ます。

こうした症状の患者さんは、ご自身が歯ぎしりや食いしばりなどの自覚症状がない場合も多く、その様な自分の癖(原因と特徴)を知っておくことで、お悩みの症状が早く改善できる場合があります。

歯ぎしりや食いしばりは、噛み合わせが原因と言われていたり、ストレスが原因と言われていたりしますが、そのどちらにでも対応できる治療がボトックス治療といえます。

ストレスは元々「ストレスという概念」はこの世に存在しないものであり、その原因は患者さんご自身の日常生活にある場合が多く、普段お飲みになられているお薬や、食事、お菓子(間食)などが関連していると当院では考えております。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 takamura dentaloffice
Return Top